オリ打線、荒西見殺しわずか1点…7回2失点の粘投に西村監督「8回までに点を取ってあげないと」

[ 2019年9月4日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1-5西武 ( 2019年9月3日    ほっともっとフィールド神戸 )

オリックス先発・荒西(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスは大勢が決した9回の1点で零敗を免れるのが精いっぱい。7回2失点と好投した荒西を見殺しにする結果でオリックスは1分けを挟んで2連敗となった。西村監督は「荒西が2点で踏ん張っていただけに、8回までに点を取ってあげないと」と決定打を欠いた打線を嘆いた。

 終盤の拙攻が敗因に直結した。2点を追う7回、安打と敵失で2死一、三塁で代打ロメロが空振り三振。8回2死三塁では吉田正が遊ゴロに倒れた。ロメロが右膝痛で先発から外れた影響はあるが、指揮官は「他のメンバーでカバーしないといけない」と逆転でのCS進出に向け、結束と奮起を促した。

 上位浮上への重要局面となる11連戦は2勝2敗1分けとなり3位楽天とは4ゲーム差。正念場が続く。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース