巨人・菅野まさかの2回降板 初回三者凡退も…集中打浴びて4失点

[ 2019年9月4日 18:58 ]

セ・リーグ   巨人―中日 ( 2019年9月4日    前橋 )

巨人の先発・菅野(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 3連敗中の巨人は初回に坂本勇のソロで先制も、菅野が2回に5安打を浴びて4失点。この回限りで降板となった。

 初回は打者3人をあっさり片付けた菅野だが、2回にビシエド、高橋、阿部に3連打を許して無死満塁の大ピンチ。藤井の犠飛で1―1の同点に追いつかれると、加藤の適時内野安打と大島の2点適時二塁打で3点を勝ち越された。

 チームは4試合ぶりに先制したが、エースが突然の乱調。3回からは宮国がマウンドに上がり、連敗ストップを託された菅野が2回限りで降板するまさかの展開となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース