中日 今季巨人戦初のカード勝ち越し 与田監督「いいきっかけに」

[ 2019年9月4日 21:52 ]

セ・リーグ   中日8―4巨人 ( 2019年9月4日    前橋 )

<巨・中>岡田(左)からウィニングボールを受け取る小笠原(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 中日が今季初めて巨人戦のカード勝ち越しを決めた。

 0―1の2回に藤井の中犠飛、加藤の適時内野安打、大島の2点二塁打で一挙4点を奪い逆転に成功。今季4戦3敗だった相手先発・菅野に打ち勝った。

 投げては先発・小笠原が6回途中2失点。不慣れな地方球場、さらに雨も降り出す悪コンディションの中、集中力を切らさなかった。

 与田監督は先発左腕を「ストレートが良くてカーブも有効に使え、緩急を上手く使えていた」と評価。

 巨人戦初のカード勝ち越しに「強いチームに最後まで良い戦いをしないと。いいきっかけにしたい」とうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース