ソフトB・高橋礼 千賀に並ぶ11勝 新人王前進も「甲斐野でいいかなと思っている」

[ 2019年9月4日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3-2楽天 ( 2019年9月3日    ヤフオクD )

ソフトバンク先発の高橋礼(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの高橋礼が7回1/3を2失点に抑え、エース千賀に並ぶチームトップタイの11勝目を挙げた。初完封が見えてきた8回1死から新人の辰己と小郷に2者連続本塁打を浴びて降板。「2本続けてというのは実力不足。最後までというのは気持ちの中では凄くあった」と悔やんだ。

 新人王資格を持つ2年目のサブマリン。新人王の有力候補だが「去年経験しているし、結果を出して当たり前。(同僚で1年目の)甲斐野でいいかなと思っているし、後でついてくればいい」と冷静だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース