ロッテ井上V打「角中さんが僕につなぎたがる」元4番が意地

[ 2019年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4-2西武 ( 2019年7月5日    ZOZO )

8回1死二、三塁、井上(左)は中前適時安打を打ちガッツポーズ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテは「7番・井上」の厚みが生きた。1―2の8回1死満塁、暴投で同点とし、なお二、三塁。ロッテの井上は中前へ2点打を放った。チーム22イニングぶりの適時打が決勝打になった。

 「(6番の)角中さんが僕につなぎたがる。絶対に最後もつないでくれると思っていました」。左大腿直筋肉離れから復帰した角中は1安打3四球と全打席出塁。井上が迎える得点圏の打席は3度目だった。「4番に戻りたいけど、今は自分の役割を一生懸命やる」。当たりは良くなかったが、前進守備の二遊間を抜けたのは「元4番」の意地だった。

 角中が戻り、打線はベストの布陣がそろった。井口監督は「ようやくそろったし、スパートをかけていく」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月6日のニュース