ヤクルト・山田哲 チーム単独トップ21号!「何とか食らいついていこうと」

[ 2019年7月6日 19:02 ]

セ・リーグ   ヤクルト―中日 ( 2019年7月6日    ナゴヤD )

<中・ヤ>3回表2死、山田は同点となる中越えソロホームランを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲人内野手(26)がチーム単独トップとなる21号本塁打を放った。

 6日の中日戦(ナゴヤドーム)に「1番・二塁」で先発。1点を追う3回2死から大野雄の低めのスライダーを左中間席に運んだ。値千金の同点ソロ。「追い込まれていたので、何とか食らいついていこうという気持ちでした。たまたまいい角度で上がってくれました」と振り返った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月6日のニュース