【西東京】都千歳丘・中村友 双子の兄が先陣切る活躍 別チームの弟へエール

[ 2019年7月6日 20:46 ]

第101回全国高校野球選手権西東京大会1回戦   都千歳丘9―0都松原 ( 2019年7月6日    神宮 )

<高校野球 都千歳丘・都松原>3回1死、左越え二塁打を放ち、笑顔で手をたたく都千歳丘・中村友(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 都千歳丘の3番・中村友哉外野手(2年)は3回に2点先制の口火を切る左越え二塁打など3安打3打点。7回コールド勝ちに貢献した。

 双子の弟、心胤(もとつぐ、2年)が日体大荏原でプレー。母・康子さんは「2人は真逆で体型も似ていない。友哉はマイペースで弟はおとなしい。野球が好きで黙々と練習をするタイプ。きょうはドキドキしながら観戦した」と笑顔を見せた。

 日体大荏原は7日が初陣。父・聡さんは「(友哉のように)活躍してほしい」とエールを送った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月6日のニュース