ロッテ・涌井 7回5失点で5敗目も9年ぶり細川とバッテリーで光明

[ 2019年7月6日 18:05 ]

パ・リーグ   ロッテ0―5西武 ( 2019年7月6日    ZOZOマリン )

<ロ・西>ロッテ先発の涌井(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 7回5失点で5敗目を喫したロッテ・涌井だったが、光明も見せた。田村に代打が起用され、6回から捕手が細川に代わった。西武時代には何度もコンビを組んだバッテリーは2010年10月9日、クライマックスシリーズ・ファーストステージのロッテ戦(西武ドーム)以来3192日ぶりの再結成だ。

 6回1死では4回無死二、三塁から右前適時打を放っている金子侑に対し、この日、2打席で一度も使わなかったカーブを3球連続で要求。最後は140キロ直球で詰まらせ遊ゴロに仕留めるなど、変幻自在のリードを見せるなど三者凡退。1番・秋山から始まった7回もテンポよく、8球で3人斬りした。

 早い段階での交代は井口監督の策だった。「細川でどういうリードになるのか試したかった。涌井の調子も上がってこないし、次回は細川のスタート(先発)もある」と指揮官は手応えを感じた。

 39歳のベテラン捕手は「(カーブは)他の打者には出していない。金子侑だからですね。なぜかは言いません。昔と比べたら球威は違うし、コントロール重視だけど、どのボールでもカウントは取れる。考え方ですね」とにやり。重ねた年輪の数だけ、引き出しが存在する。涌井復活へ向けた光が差した2イニングでもあった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月6日のニュース