中日・松坂 球宴明け1軍復帰へ 2軍戦で6回7K1失点

[ 2019年7月6日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   中日4―1オリックス ( 2019年7月5日    オセアンBS )

<オ・中>2軍オリックス戦で6回1失点の好投をみせた松坂(撮影・平嶋 理子)   
Photo By スポニチ

 時は来た。

 中日・松坂が5日、ウエスタン・リーグのオリックス戦に先発し、6回103球を投げて4安打7奪三振1失点に抑えた。右肩痛から復帰後、4度目の登板で“初勝利”も手にし、「結果的に1失点で済んだので良かった」と納得の表情だった。ヤクルト戦を雨で流した浜松で結果を聞いた与田監督は「順調にきている。力を借りる日も近い」と示唆し、球宴明け15日からの阪神、DeNA7連戦中に1軍復帰する可能性が高まった。

 やはり2軍では格が違う。初回先頭への四球から1点を失った後、2~4回は多彩な変化球を主体に安打を許さず6三振を奪い、最速141キロを計測した。投手には不利な本塁方向から強い風が吹いても「ゴロを打たせられたらと思って投げた」と的確に状況を判断。5回無死満塁では「1点もやりたくない」と闘志をたぎらせ、根本をツーシームで一ゴロ併殺に仕留めるなど切り抜けた。

 1軍は2日からの巨人3連戦で先発陣が打ち込まれて3連敗するなど台所事情は苦しい。松坂は4度の先発で計18回を投げて防御率2・00。5位からの巻き返しへ起爆剤としての役割も期待される。「呼ばれたら、いつでもいけるという気持ちは変わらない」。“平成の怪物”が令和初登板を飾る日がいよいよ迫ってきた。(北野 将市)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月6日のニュース