大谷翔平 バーランダーから13号アーチ!25歳の誕生日に豪快弾

[ 2019年7月6日 09:53 ]

ア・リーグ   エンゼルス―アストロズ ( 2019年7月5日    アーリントン )

3回、2死走者なしから今季13号ソロを放った大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)は5日(日本時間6日)、敵地ヒューストンでのアストロズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席で、ア軍先発の右腕・バーランダーから13号アーチを放ち、自ら25歳の誕生日を祝った。

 初回の第1打席、1死一塁という場面で相手先発右腕・バーランダーと対戦。カウント0-2からの3球目、内角低めのカーブを振らされ、空振り三振に終わった。
 2死走者なしで回ってきた3回の第2打席、カウント1-0からバーランダーが投じた真ん中高めのフォーシームを振り抜き、打球は中堅手の頭上を越えてスタンドイン。今季13号ソロは自身の誕生日を祝うバースデーアーチとなった。

 大谷の本塁打は、6月30日(同7月1日)のアスレチックス戦で11号ソロ、12号ソロと今季初の1試合2本塁打をマークして以来4試合ぶりとなった。

 1994年7月5日生まれの大谷にとって、この日は25歳の誕生日。バーランダーはここまで今季18試合に先発して10勝3敗、防御率2・86と抜群の安定感を見せつけており、現在メジャー最強ともいえる右腕からメモリアル弾を放った格好だ。

 バーランダーとの昨季の対戦成績は14打数3安打(1本塁打、2二塁打)、打率・214、2打点、5三振だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月6日のニュース