DeNAが令和白星スタート!ヤクルト・バレンティンにアクシデント?2回途中に交代

[ 2019年5月1日 17:07 ]

セ・リーグ   DeNA5―1ヤクルト ( 2019年5月1日    横浜 )

<D・ヤ>3回2死二塁、大和の先制適時打でチームで令和初のホームを踏んだ二走・伊藤光(右手前)を出迎えるDeNAナイン(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 プロ野球セ・リーグのDeNA―ヤクルト戦が1日、横浜スタジアムで行われ、DeNAが5―1で勝利した。

 DeNAは3回、1番大和の中前適時打で先制。6回には3番ソトの左翼フェンス直撃の適時二塁打、2死一、二塁で6番宮崎がレフトオーバーの適時二塁打、続く7番神里も左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち4点を奪った。

 先発の大貫は6回1/3を投げ、106球4安打1失点と力投。2勝目(1敗)を挙げた。

 ヤクルトは打線が奮わず、7回の村上7号ソロだけだった。4番バレンティンにアクシデントがあったのか、2回の守備から左翼に荒木が入った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース