楽天 5連敗から首位相手に大勝 “連敗ストッパー”辛島6回7K零封「なんとか粘れたかな」

[ 2019年5月1日 22:03 ]

パ・リーグ   楽天9ー0ソフトバンク ( 2019年5月1日    ヤフオクD )

楽天先発の辛島(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 楽天は“令和元日”の1日、ソフトバンクとの首位攻防3連戦初戦で9-0と大勝した。

 連敗ストップを託された先発・辛島が6回5安打無失点で今季無傷の3勝目。7つの三振を奪う圧巻の投球でチームを救った。

 4月前半に連敗を2度止めている“連敗ストッパー”は「ランナー出しながらですけどなんとか粘れたかなと思います」と試合を振り返った。

 首位を走る強力なソフトバンク打線に「一人ずつ向かっていくことを意識して投げた」と話すように、4回1死一、二塁のピンチの場面でも冷静に8番・上林、9番・甲斐を連続空振り三振。「少ない失点でいけるように」低めを意識し、相手をほんろうした。

 4月23日の平石監督誕生日、そしてこの日の令和初日と、節目に白星を挙げている左腕は「たまたまです」と淡々とするが、勝負強さは本物。今後については「しっかり投げますので応援よろしくお願いします」と表情を崩さず話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース