「令和の怪物」大船渡・佐々木 春初戦は3日に順延

[ 2019年5月1日 09:21 ]

大船渡・佐々木  
Photo By スポニチ

 「令和の怪物」の春初戦は順延に――。高校野球の春季岩手県大会沿岸南地区予選第1日は1日、悪天候のため順延となった。試合会場の釜石市の平田運動公園野球場は、内外野に水たまりができている状態で午前7時に順延を決定。大会関係者は「グラウンド状態も悪く、この後も天候の回復が見込めないので」と説明し、これで注目の163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)擁する大船渡の初戦は、2日から3日に変更された。

 昨年の秋季大会地区予選の大船渡の試合日は、収容500人の同球場に1日延べ約1500人が来場。今春も大混雑が予想されるため、大船渡の試合当日の3日は臨時駐車場を設けてシャトルバスが運行される。すでに球場近くには仮設トイレも設置。また、普段は使用しない内外野の芝生のスペースも観客用に解放する予定で、佐々木の“令和初戦”が注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース