「令和に入って勝率10割」DeNAラミレス監督、快勝にご機嫌

[ 2019年5月1日 19:24 ]

セ・リーグ   DeNA5―1ヤクルト ( 2019年5月1日    横浜 )

<D・ヤ>令和元年、初戦を勝利した大和(左)と大貫は令和の文字を手に笑顔(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNAは投打がかみ合い、「令和」初戦を白星で飾った。ラミレス監督は「令和に入って勝率10割。これを続けたいね」とご機嫌だった。

 先発の大貫が6回1/3を4安打1失点でプロ2勝目。テンポよく打たせて取る投球を見せたルーキーに「本当に素晴らしい投球をしてくれた」と賛辞を惜しまなかった。

 打っては開幕から不振だった宮崎が2安打をマーク。前打者のロペスが申告敬遠された6回2死一、二塁から左翼線への適時二塁打、8回1死一、二塁では左前打を放った。試合前には「宮崎が5月は3割以上打ってくれると思う」と話していた指揮官は「あそこで打てたのは勢いを取り戻した。これがスランプから抜け出すウェイクアップコールだと思う」と喜んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース