マリナーズが3連敗 ここ3試合で計35失点 カブスは3連勝

[ 2019年5月1日 16:15 ]

8回に逆転の2ランを放ったカブスのシュワーバー(AP)
Photo By AP

 マリナーズは地元シアトルでカブスと対戦したが5―6で敗れて3連敗。今季成績は18勝14敗で、ホームでは7勝10敗となった。

 7回までは5―4と1点をリードしていたものの、8回表に3番手のブランドン・ブレナン(27)がカブスのカイル・シュワーバー(26)に4号2ランを打たれて逆転負け。レンジャーズと対戦した27日は1―15、28日は1―14と大敗が続いており、投手陣が精彩を欠く中で3試合で35失点を喫するという結果になった。

 マリナーズはこの日、レイズからトレードで獲得して期待を寄せていたマレックス・スミス外野手(25)を3Aタコマへ降格。昨季は打率・296を残したが、今季は27試合で・165という打撃不振に陥っており、代わってタコマからブレイデン・ビショップ外野手(25)を昇格させた。同外野手は開幕時にマリナーズで1試合に出場しているがその後はマイナーでプレー。タコマでは打率・267、3本塁打、13打点という成績を残していた。そしてこの日のカブス戦でビショップは6番・中堅で先発。しかし3打数ノーヒットに終わり、首脳陣の期待に応えることはできなかった。

 一方、カブスは3連勝を飾って15勝12敗。3番手として登板したブラッド・ブラック(33)が今季3勝目を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース