オリックス、張奕を支配下登録 令和初の昇格 いとこ陽岱鋼と「対戦したい」

[ 2019年5月1日 16:02 ]

<オ・ロ>支配下登録が発表されたオリックスの張奕(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 オリックスは1日、入団3年目となる育成選手の張奕(ちょう・やく)投手を支配下選手登録すると発表した。背番号は98。日本球界では、令和初の昇格となる。

 張は日本経済大から入団した際は外野手だったが、昨年6月に投手に転向。今季はウエスタン・リーグで5試合に登板し、1勝1敗、防御率2・19の成績を上げており、長村裕之球団本部長は「投手としての成長が著しい。少しでも早く1軍の戦力になってもらいたい」と評価した。

 張は昼頃に支配下選手登録の話を聞き、「自分の中では(支配下になれると)思っていたが、令和になった瞬間に呼ばれたのでビックリした」と喜んだ。持ち味はMAX151キロの直球。巨人の陽岱鋼(ようだいかん)のいとこでもあり、交流戦では対戦の可能性もあり「もちろん対戦したい。今のコンディションならいけると思う」と自信も見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース