阪神・糸原 千金2点三塁打!平成最後のお立ち台は福留、秋山と「隣に凄い方がいるので緊張」?

[ 2019年5月1日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8-3広島 ( 2019年4月30日    甲子園 )

お立ち台で笑顔を見せる秋山。左は糸原、右は福留(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 「令和」における猛虎初代キャプテンとなる阪神・糸原が、平成最後となる適時打を放った。

 3点差に迫られた直後の8回無死一、三塁から広島3番手・矢崎のフォークをうまく拾った右翼線への一打は鈴木が止められず貴重な2点三塁打となった。

 1点リードの2回2死一、二塁では先発・アドゥワから左前に4月18日ヤクルト戦以来、10試合ぶりとなるタイムリー。「粘ることが持ち味。秋山さんが頑張っていたので絶対に打ってやると(思った)」の言葉通り、2安打3打点で秋山の復活星もアシストした。

 平成最後の甲子園でのお立ち台にも秋山、福留とともに上がった。「隣に凄い方がいるので緊張してます」と話すと、福留から「嘘です。緊張もしていない」と突っ込まれた。

 平成期間における甲子園通算成績は935勝870敗34分けで終わった。1日からは新元号。「令和になってもいっぱい打てるように頑張ります」。キャプテンとして5月反攻への手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース