阪神・秋山が「平成最後の勝利投手」、最初は巨人・桑田

[ 2019年5月1日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8-3広島 ( 2019年4月30日    甲子園 )

力投する秋山(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・秋山は平成のプロ野球最後の勝利投手となった。

 平成元年(89年)4月8日の開幕戦で桑田(巨)がヤクルトを完投で下し、平成1号勝利投手となってから延べ2万4465人目、阪神投手では同じく4月8日の広島戦で中西清起の救援勝利から延べ1978人目になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース