ソフトB高橋純 2年ぶり登板も…工藤監督「ボール一つ一つは悪くない」

[ 2019年5月1日 22:48 ]

パ・リーグ   ソフトバンク0―9楽天 ( 2019年5月1日    ヤフオクD )

<ソ・楽>7回1死満塁、嶋に押し出し四球を与え失点する高橋純(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 1日に昇格したソフトバンクの高橋純が、0―6の7回無死満塁からマウンドに上がった。2017年4月のプロ初登板以来の1軍登板となったが、銀次とオコエに適時打を浴び、押し出し四球も与えた。

 県岐阜商高からドラフト1位で16年に入団した4年目右腕。8、9回は立ち直り、浅村から三振を奪うなど得点を与えなかった。工藤監督は「もう少し楽なところで投げさせたかったが仕方がない。ボール一つ一つは悪くない」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース