DeNAドラ3大貫 7回途中1失点好投でヤクルトに雪辱「試合の中で修正できた」

[ 2019年5月1日 17:00 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2019年5月1日    横浜 )

<D・ヤ>DeNA先発・大貫(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト3位・大貫晋一投手が6回1/3を4安打1失点と好投した。

 初回、先頭の太田に中前打されるも、続く青木を遊ゴロ併殺打。さらに山田哲に四球を与えながらも、最後はバレンティンを三ゴロでしのいだ。2回以降は調子を取り戻し、球を低めに集めてゴロを打たせて取る持ち味の投球を披露。7回無死から村上に直球を右翼席まで運ばれ、1死から代打・西田にストレートの四球を与えたところで降板となった。

 「立ち上がりは制球が安定しませんでしたが、試合の中で修正することができました。特にツーシームを有効に、初回から全力で、一人一人集中して投げることができたと思います。次回登板時には、立ち上がりから安定した投球を出せるようにしたいです」と振り返った大貫。プロ初登板初先発で3回途中4失点と打ち込まれたヤクルト打線に雪辱。「令和」初戦で、ルーキーの投球が光った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース