パ令和初安打はロッテ・角中!前夜は改元番組に夢中「体が重いんです」

[ 2019年5月1日 19:35 ]

パ・リーグ   オリックス―ロッテ ( 2019年5月1日    京セラD )

<オ・ロ>初回、1死、右前打を放つ角中(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 パ・リーグの「令和初安打」はロッテ・角中が記録した。初回1死、榊原の139キロを右前へと運んだ。

 大阪入りした30日はチーム宿舎から出ることなく、夕方から元号が変わる午前12時過ぎまで改元関連のニュース番組に見入っていたといい「ベッドに居すぎて、体が重いんです」と試合前は苦笑いしていたが、6回無死でも右前打。4月16日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)以来11試合ぶりのマルチ安打を記録した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月1日のニュース