【東尾修氏 セ順位予想】勝利の方程式確立 広島に優勝の分あり

[ 2019年3月27日 09:45 ]

東尾氏注目の広島・中崎
Photo By スポニチ

 広島のリーグ4連覇か、原巨人のV奪回か――。29日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣がセ・リーグを展望した。

 【東尾修氏 順位予想】広島と巨人で迷ったが、救援陣の差で広島がリーグ4連覇すると予想する。フランスア、中崎と勝利の方程式が確立する広島に対し、巨人は新外国人のクックが加入したが、7、8回を計算できる投手がいない。原監督が年間を通じてやりくりすることになる。巨人が優勝するためには、まずエースの菅野でしっかり勝ち星を重ねることだろう。

 広島は先発陣に不安があるが、オープン戦を見ていても、各打者の振りの強さは他5球団を圧倒している。2年連続MVPの丸が巨人移籍したプラスマイナスは生じるが、それでも得点力は巨人より上だとみている。

 ヤクルトは2年目の村上ら若手の成長力次第で優勝争いに絡む。DeNAは東が故障で出遅れており、新人の上茶谷と大貫でカバーしたい。阪神と中日は変革期。新監督の思い切った起用に期待だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース