大谷 久々に投打で調整、フリー打撃再開は未定

[ 2019年3月27日 02:30 ]

エンゼルス・大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が本拠エンゼルスタジアムで久しぶりに投打で調整した。キャッチボールでは最長50フィート(約15・2メートル)の距離で35球投げるなど、合計79球。室内では「置きティー」、下手から投げる「ソフトトス」、コーチが上手から投げた球を、それぞれ10球打った。屋外でのフリー打撃再開の時期についてブラッド・オースマス監督は「まだ分からない」と短く答えた。(アナハイム)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース