DeNA ハンドクラフト商品を販売 横浜市内の障害者施設と協業

[ 2019年3月27日 14:06 ]

DeNAが発売するハンドクラフト商品
Photo By 提供写真

 DeNAは27日、横浜市内の障害者施設と協業したハンドクラフト商品を29日から発売すると発表した。

 横浜市と締結しているスポーツ振興、地域経済活性化等に向けた包括連携協定「I☆YOKOHAMA 協定」の一環。

 革小物製品・帆布製品のラインナップ全10種で、全ての商品デザインは球団が担当し、製造を横浜市内5つの障害者施設にて担当。革小物製品はヘアゴム、コースター、キーケース、印鑑ケース、キーホルダー、コインケースの6種類を2つの福祉事業所にて製造。帆布製品はトートバッグ、コインケース、ランチトート、ポーチの4 種類を3つの事業所にて製造した。10種のアイテムは全て、横浜市内で製造工程を踏み、一つ一つ手作りで製造した、世界に一つだけの商品となっている。

 発売は29日午前11時から「BAYSTORE HOME」にて。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース