DeNA熊原 地元楽天にトレード、浜矢と開幕直前「びっくり」

[ 2019年3月27日 05:30 ]

熊原健人投手(左)と浜矢広大投手
Photo By スポニチ

 DeNAの熊原健人投手(25)と楽天の浜矢広大投手(26)のトレードが26日、両球団から発表された。先発陣の強化を狙う楽天と中継ぎの選手層を厚くしたいDeNAの思惑が一致した。

 熊原は宮城県出身で、仙台大から15年ドラフト2位でDeNAに入団した。150キロを超える剛速球を投げるが制球面で苦しみ、3年間で通算4勝止まり。昨季は1軍登板がなかった。地元で再スタートを切る右腕は、球団を通じ「びっくりしています。横浜で経験したことを仙台の地でも発揮して良い報告ができるように頑張ります」とコメントした。

 楽天は則本昂が右肘を痛めて長期離脱を強いられるなど、先発陣に不安を抱えている。開幕3日前の駆け込みトレードを成立させた石井一久GMは「先発の5、6番手で競争できる選手が多い方が良い。直球だけでなく縦の変化球も良い」と期待した。一方の浜矢は主に左の中継ぎとして通算38試合に登板。DeNAにとってはリリーフ陣の強化を狙ったトレードとなった。

 ◆熊原 健人(くまばら・けんと)1993年(平5)10月19日生まれ、宮城県出身の25歳。柴田から仙台大に進み、3年秋の東北学院大戦で無安打無得点。3年春、4年春にMVP獲得。15年にドラフト2位でDeNAに入団。1年目の16年7月20日ヤクルト戦でプロ初勝利。1メートル78、85キロ。右投げ左打ち。

 ◆浜矢 広大(はまや・こうだい)1993年(平5)2月27日生まれ、奈良県出身の26歳。一塁手だった日高高中津分校2年秋から本格的に投手転向。Honda鈴鹿に進み、13年にドラフト3位で楽天に入団した。1年目の14年9月28日の西武戦でプロ初登板初勝利。1メートル85、78キロ。左投げ左打ち。

 ▼浜矢 大変お世話になりました。(楽天とは)交流戦で対戦があるので、そこで成長した姿をお見せしたい。心機一転、頑張る。 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース