【中畑清氏 セ順位予想】レギュラー固定の巨人、広島、DeNAが上位占める

[ 2019年3月27日 09:55 ]

中畑氏注目のDeNA・上茶谷
Photo By スポニチ

 広島のリーグ4連覇か、原巨人のV奪回か――。29日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣がセ・リーグを展望した。

 【中畑清氏 順位予想】レギュラーのほぼ決まっているチームが上位を占め、期待の若手を中心とする発展途上のチームは下位という形になりそうだ。

 巨人は丸の加入で坂本勇とともに打線に太い軸が2本できた。真の4番打者への成長が期待される岡本を加えた3本の矢を持っている打線は強力だ。先発は菅野、山口、ヤングマン、メルセデスに今村、高橋、畠の中から2人と頭数がそろった。抑えは新外国人クック次第だが、吉川光でも十分こなせると思う。

 広島は丸が抜けても選手層が厚く、打線には安定した力がある。ただ投手陣がやや不安。DeNAはリリーフ陣が盤石だけに、新人らしからぬ安定感を見せている上茶谷、大貫の2人が先発で一年間もてば、CSには進出すると思う。ヤクルトは2年目の村上、塩見らが成長し、これから伸びていくチームだけに楽しみがある。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース