ロッテ 大地、必勝祈願後に練習「中学以来」外野も守る

[ 2019年3月27日 05:30 ]

ロッテ・井口監督(右)は導師から必勝祈願の護摩札を受け取る(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテは成田山新勝寺で必勝祈願した後、ZOZOマリンに戻って全体練習を行った。鈴木が志願の外野ノック。昨季は正三塁手で全試合に出場したが、新外国人レアードが加わったことでオープン戦では一、二塁も守った。定位置はつかめず、開幕戦は守備固めや代打の可能性が高いが、出場機会のためなら「中学時代以来」という外野も守る。「プライドは必要ない。自分の可能性の全てを探りたいです」。この姿勢に井口監督も「自分の可能性を広げられると思う」と目を細めていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース