【田淵幸一氏 セ順位予想】阪神の新人コンビが首位争いかき回す

[ 2019年3月27日 09:25 ]

田淵氏注目の阪神・木浪
Photo By スポニチ

 広島のリーグ4連覇か、原巨人のV奪回か――。29日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣がセ・リーグを展望した。

 【田淵幸一氏 順位予想】巨人はオープン戦でも成長を感じる1番・吉川尚がキーマンだ。俊足が持ち味で、坂本勇との1、2番コンビで得点が奪える。さらに新加入の丸、和製大砲として本物になりつつある岡本が控えているだけに、吉川尚の出塁が攻撃の鍵となる。

 丸が抜けた広島もチーム力は依然として上位。その2強に対して、首位争いを引っかき回しそうなのが阪神だ。新人の木浪、近本の1、2番コンビは大きな戦力。足があり、守備も堅い。星野監督の下で優勝した03年もそうだったが、合言葉は「つなぐ」。チーム本塁打はリーグ5位の141本も、首位打者の1番・今岡、2番・赤星の出塁から、つないで得点を奪った。

 西、ガルシアが加わった投手陣とかみ合えば、一気にリーグの主役に浮上する。当時主力の矢野監督がどんな野球を見せてくれるか楽しみだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース