桐蔭学園・冨田「横浜の分まで頑張りたかった」 双子の弟は横浜外野手、ともに初戦で涙

[ 2019年3月27日 19:34 ]

第91回選抜高校野球大会第5日第3試合 1回戦   啓新5―3桐蔭学園 ( 2019年3月27日    甲子園 )

 1番に座った桐蔭学園の冨田健悟外野手(2年)は7回、1点差への口火を切る右翼線二塁打を放つなど2安打をマーク。しかしあと2点及ばず「横浜の分まで頑張りたかった」と肩を落とした。

 二卵性の双子の弟で横浜の進悟外野手(2年)は大会2日目の24日・明豊戦に「5番・左翼」で出場。7回に二塁打を放ったが初戦で敗れた。「横浜の試合は見ていた。いい打撃だったと思う」。

 同じ宿舎に滞在しており、横浜の試合後には会話を交わした。「球場の雰囲気とか外野の風の話をした。弟からは外野のクッションが難しいとか、雰囲気にのまれないように自分のプレーを見失わないようにとアドバイスをもらった」と言う。

 小1から野球を始め最初はバッテリーを組んでいた。進悟が投手、健悟が捕手。東京北砂リトル―新宿シニアと一緒にプレーしたが学校は別々だった。高校も自然な流れで分かれた。「進悟のいいところはミートがうまくて低い打球を鋭く打てること。向こうが頑張っているのを見ると自分も頑張ろうと思う」と刺激にしている。

 「性格は全然似ていない」というが、似ているのは食の好みで共通の好物はラーメン。正月には、祖父が足立区西新井で営む餃子専門店「岡本餃子店」に2人で餃子を食べに出かけたという。
 ツインズの春は幕を閉じた。健悟は「夏に向けて精度を上げたい」と気合い。春は一緒に出場できたが、夏は激戦区・神奈川で1枠の座をかけて争うことになる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース