桐蔭学園 エース左腕・伊礼 無念の9回途中降板に「悔しい」

[ 2019年3月27日 20:07 ]

第91回選抜高校野球大会第5日第3試合 1回戦   啓新5―3桐蔭学園 ( 2019年3月27日    甲子園 )

<桐蔭学園・啓新>甲子園を去る桐蔭学園・伊礼(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 桐蔭学園エース左腕の伊礼は8回途中でマウンドを降り「悔しいです」と唇をかんだ。

 明治神宮大会の初戦・筑陽学園戦で序盤に失点した反省を生かし「入り方をいろいろ考えて練習してきた」というが「意識して慎重になりすぎた」と初回、2回に連続して失点。それでも3回以降はなんとか立ち直り、踏ん張った。しかし6回には連打を浴びて痛い4点目。「甘い球をミートされてしまった。テンポが悪かった」と反省が口をついた。

 昨秋県大会では背番号12、関東大会では11をつけた。奮闘が認められ、明治神宮大会ではエースナンバーをつかんだ。そして一冬も「1」を守り切り、たどりついた甲子園のマウンド。「考え方が甘かった。一からやり直して、一皮二皮むけて成長したい。また1番を背負って投げたい」と前を向いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース