雄星に「中4人」の間隔、米2戦目は来月5日見通し

[ 2019年3月27日 02:30 ]

<マリナーズ・パドレス>キャッチボールする菊池(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 マリナーズの菊池は米国デビューとなる29日(日本時間30日)のレッドソックス戦に備え、遠投などで調整した。以降のローテーションも判明。スコット・サービス監督がかねて「先発投手5人には皆同じ登板機会を与えたい」と話していた通り、当面は試合のない日があっても「中4日」ではなく「中4人」の登板間隔を守る。

 菊池はいずれも敵地で4月4日(同5日)のホワイトソックス戦、10日(同11日)のロイヤルズ戦に先発する見通しとなった。(シアトル・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース