中日 大蔵が黄色靭帯骨化切除の手術 術後2カ月は固定

[ 2019年3月27日 12:26 ]

 中日は27日、大蔵彰人投手(24)が22日に名古屋市内の病院で黄色靭帯骨化切除術を受けたことを発表した。

 大蔵は春季キャンプのため沖縄入りしたが、腰に違和感を訴えた。症状に改善がみられず帰名、精密検査したところ胸椎黄色靭帯骨化症と診断された。術後2カ月の固定期間後、スローイングが開始できる予定。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース