八戸学院光星 打線沈黙 プロ注目武岡「守備はうまくいったけど…」

[ 2019年3月27日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第4日 1回戦   八戸学院光星0-2広陵 ( 2019年3月26日    甲子園 )

八戸学院光星・武岡(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 八戸学院光星打線は散発3安打と沈黙。「坂本2世」の呼び声高いプロ注目の遊撃手・武岡主将は悔しさをにじませた。

 「自分たちの力を出し切れず、あっさり負けてしまって悔しい」

 2点を追う8回2死二、三塁、一打同点の場面で141キロの内角直球に詰まり遊飛。初回の二塁内野安打のみの4打数1安打に終わった。守備では6回無死一塁で中村のハーフライナーに前進し、ショートバウンドで捕球。併殺を完成させたが「守備はうまくいったけど、アピールしたいバッティングで打てなかった」と話した。

 11年春から出場10大会連続で初戦突破していた東北王者。「対策もしたが河野くんにねじ伏せられた感じ」と仲井宗基監督。武岡は「反省点を改善して甲子園に帰ってきたい」と夏を見据えた。(春川 英樹)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース