長崎の名所がソフトバンクカラーに

[ 2019年3月27日 14:36 ]

 ソフトバンクは27日、本拠地の九州・福岡移転30周年の記念事業「WE=KYUSYUデー」を4月9日の日本ハム戦(長崎)で開催する。

 長崎県、長崎市と協力し、稲佐山電波塔を4月8日から2日間、ソフトバンクを象徴するカラーにライトアップし、同6~8日の日没後には長崎港ターミナルの壁面にロゴや選手のビジュアルを投影する。

 また、3月28日~4月9日まで長崎市の丸山公園の「坂本龍馬像」がWE=KYUSYUユニホームとキャップを着用。このほか、ラッピングバスも運行する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース