【槙原寛己氏 セ順位予想】巨人救援陣に課題…大江ら若手起用を

[ 2019年3月27日 09:35 ]

槙原氏注目の巨人・坂本工
Photo By スポニチ

 広島のリーグ4連覇か、原巨人のV奪回か――。29日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣がセ・リーグを展望した。

 【槙原寛己氏 順位予想】広島、巨人の優勝争いとみる。丸が加入した巨人は、特に上位打線が脅威。1番・吉川尚から4番・岡本まで左右ジグザグのオーダーで、中でも2番・坂本勇は相手投手にとって嫌だろう。つなぎの打撃も、自身で還すこともできる。3番・丸が広角に打ち、かつ出塁率も高いとあって、岡本との相乗効果がより期待できる。

 課題はマシソン不在で、上原も2軍スタートのリリーフ陣か。守護神は当面、新外国人クックでいくと思うが、左腕・吉川光も状態はいい。8、9月のシーズンの大事な時期を見据えて、大江、坂本工ら若い投手に早い段階で1軍の経験をさせることも大切だろう。

 ヤクルトは打線に力があり、若手がかみ合えば面白い。上茶谷、大貫の新人が開幕ローテーション入りするDeNAは、リリーフ陣が充実。Aクラス入りの可能性もある。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月27日のニュース