【山口】下関国際 3季連続甲子園へ エース鶴田 3ラン&完封の大活躍 

[ 2018年7月28日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念山口大会決勝   下関国際5―0宇部鴻城 ( 2018年7月27日    山口マツダ西京きずな )

<宇部鴻城・下関国際>2連覇を達成した下関国際ナイン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 下関国際が3季連続の甲子園出場を決めた。エースで4番の鶴田が大活躍。初回に左中間へ先制3ランを放つと、投げては3安打完封し「楽な展開で投げさせてもらったのがテンポのいい投球につながった」と口にした。

 浜松主将が3安打。ふとした表情が日本ハム・清宮に似ていると、今春センバツから話題だった。本人は「言われたことはありません」とあっさり否定したが、父・寛さんは三男坊に「目のあたりが似てるかも。“下関の清宮”として勝ち上がってほしい」とエール。チームは昨夏、今春の初戦敗退を糧に、聖地初勝利を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース