【東東京】二松学舎、序盤劣勢も中沢の代打弾から逆転勝利!連覇まであと1勝に

[ 2018年7月28日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念東東京大会準決勝   二松学舎大付5―3関東第一 ( 2018年7月27日    神宮 )

<関東第一・二松学舎大付>3回、ソロ本塁打を放った二松学舎大付の代打・中沢(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 代打・中沢の一振りが二松学舎大付に勝利をもたらした。3点を追う3回。今大会初打席で直球を左翼席に運んだ。「チームを勢いづけられて良かった」。この回さらに2点を奪って追いつき、4回に右田が勝ち越し犠飛。5回も加点した。

 中沢はこれが高校通算22号。1年時の横浜との練習試合で現楽天の藤平から本塁打を放ったこともある。ところがメンタルが弱く、公式戦で結果を残せず背番号は17。市原勝人監督から「思い切っていける場面」と2死無走者で代打に指名され、最高の結果で応えた。

 弟・海斗がスタンドから応援。「中学は兄とチームが違ったので、一緒に野球がしたかった」と入学してきた1年生部員だ。惜しいところで夏のベンチ入りはならず、悔しさに泣く弟に中沢は「海斗の分も絶対打ってやる」と約束した。有言実行の一打だった。

 夏連覇に王手。中沢は「次も力強いスイングでチームに貢献したい」と気合を入れた。 (福井 亮太)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース