【奈良】天理の誇る恐怖の1番打者・宮崎 ライバル智弁学園に引導渡す3ラン

[ 2018年7月28日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念奈良大会準決勝   天理8―7智弁学園 ( 2018年7月27日    佐藤薬品 )

 天理・宮崎が宿敵に引導を渡した。1点リードの8回1死二、三塁、智弁学園のエース伊原の速球を右翼席に運ぶ高校通算20号3ラン。「智弁への意識はあった。正念場と思っていた」と、準決勝で対戦した昨夏と同じ8―7での勝利に安どの表情を浮かべた。今大会は初戦の奈良朱雀戦でサイクル安打を記録するなど4試合で18打数12安打の打率.667、2本塁打、9打点と絶好調。恐怖の1番打者が2年連続で夏の扉を開く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース