巨人・上原 日本復帰後初の不振抹消「悔しい部分がある」

[ 2018年7月28日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―0中日 ( 2018年7月27日    東京D )

<巨・中>試合前にキャッチボールをする上原。登録を抹消される(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人・上原が不振のため開幕してから初めて出場選手登録を抹消された。10年ぶりに古巣に復帰した今季は28試合に登板し、0勝5敗10ホールド、防御率4・33。

 20日の広島戦では日本人初の100勝100セーブ100ホールドを達成したが、その後は登板2試合連続で敗戦投手になり「結果が出ていないですから。悔しい部分がある」。28日、29日は1軍に同行するが、その後については首脳陣と話し合う。高橋監督は「調子もコンディションも含めてもう一回というところ」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース