【北大阪】大院大高 甲子園へ初王手 大阪桐蔭と決戦「奇跡 それを見せたい」

[ 2018年7月28日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念北大阪大会準決勝   大院大高6―3東海大大阪仰星 ( 2018年7月27日    シティ信金 )

<東海大仰星・大院大高>決勝進出を決め、歓喜の大院大高ナイン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 大院大高が東海大大阪仰星に打ち勝ち、初めて決勝へ進んだ。

 OBの江夏豊氏でさえたどり着けなかった夏の聖地へ期待は膨らむ。軸は今大会3本塁打の岩波。大阪桐蔭戦へ、椎江博監督は「お客さんが1万人入ったら、勝つと思うのはうちのスタンドだけ。100回対戦したら1度くらいは勝つ奇跡もある。それを見せたい」と独特の言い回しで決意を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース