DeNA 佐野、母校・広陵の甲子園出場に歓喜「底力感じました」

[ 2018年7月28日 17:46 ]

 DeNAの佐野恵太内野手が、母校・広陵の甲子園出場を喜んだ。

 ちょうどチームが広島遠征中とあり「ホテルのテレビで見ていました。序盤から苦しい展開だったけど勝ちきった。底力を感じました」と笑顔で話した。

 自身は広陵から明大を経て16年ドラフト9位でDeNAに入団。自身の高校在籍時は甲子園出場はかなわなかった。「現役やコーチの方ら、OBみんなでまとまって差し入れをしたい。何か力になるようなものを」と佐野。そんな後輩の活躍は「本当に励みになる。みんな頑張っているな、と思うし、自分も頑張らないとと思います」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース