【愛媛】済美が一発攻勢で新田を圧倒 2年連続の甲子園行きを勝ち取る

[ 2018年7月28日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念愛媛大会決勝   済美8―2新田 ( 2018年7月27日    坊っちゃん )

<済美・新田>6回に済美・池内が3ランを放つ
Photo By 共同

 圧巻の一発攻勢で、済美が2年連続の甲子園切符を勝ち取った。1点リードの5回、芦谷が左翼へ人生初の満塁弾。「肩口から入る変化球を狙っていた。素直にうれしい」。昨秋に内野から捕手へ転向。振りを鋭くするため、冬場に早振りティー打撃に取り組んだ。1分間30球で握力がなくなっていたのに、一冬越えて45球に。成果は勝負の夏に表れた。

 4番の池内主将も6回にバックスクリーンへ特大の3ラン。「昨年の2勝を超えたい」と甲子園の目標を口にする。西日本豪雨で県下は甚大な被害を受けた。6度目の甲子園は、背負うものが多い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース