DeNA 28日にも自力V消滅危機 満弾2被弾は球団初の屈辱

[ 2018年7月28日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1―10広島 ( 2018年7月27日    マツダ )

<広・D>3回1死、バティスタに満塁本塁打を浴び、頭を抱えるウィーランド(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 球団史上初めて、2本の満塁本塁打を浴びて大敗。DeNA・ラミレス監督は「相手の勢いのまま試合が進んでしまった」と肩を落とした。

 広島戦に昨季3勝0敗のウィーランドを中8日でぶつけたが、3回にバティスタにグランドスラムを被弾。5回5失点で6敗目の右腕は「追い込んでから甘く入った」と悔やんだ。7回には武藤が田中に満塁弾。7月5度目の2桁失点で、28日にも自力優勝の可能性が消える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース