DeNA京山 自力V消滅危機救う5勝目「下でしっかりやってきた」

[ 2018年7月28日 21:57 ]

セ・リーグ   DeNA9―1広島 ( 2018年7月28日    マツダ )

<広・D>力投する京山(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 2年目のDeNA・京山将弥投手が、自力優勝消滅の危機からチームを救った。首位・広島相手に5回2/3を1安打1失点に抑えて5月6日の巨人戦以来、83日ぶりとなる5勝目(2敗)をマークした。

 「下でしっかりやってきたことを1軍でも意識した。真っすぐがよかった。空振りが取れて軸になった」。この日、1軍再登録されて即先発。7月4日に20歳の誕生日を迎えてから1軍初登板となった右腕がマウンドで躍動した。

 5与四球と制球に課題も残したが、「次もしっかり調整して抑えられるように頑張りたい」。若い力がチームに勢いをもたらしそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース