【北神奈川】東海大相模 序盤の失点重く…主砲森下1安打終戦「内角をあそこまで使われるとは…」

[ 2018年7月28日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念北神奈川大会準決勝   東海大相模4―7慶応 ( 2018年7月27日    横浜 )

<東海大相模・慶応>6回、好機で遊ゴロに倒れ、天を仰ぐ東海大相模・森下(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 2回に腹部に打球を受けるアクシデントがあった東海大相模のエース斎藤が、4回までに6失点。打線は12安打も、要所を締められた。

 好調だった森下は1安打にとどまり「(慶応・生井に)内角をあそこまで使われるとは…先手を打たれた」。高校通算57発の大砲は、進路について「プロも視野にずっと練習してきた。監督さんと相談したい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース