大リーグで120年ぶりの快挙 ナショナルズの新人ソトが10代で3戦連発

[ 2018年7月28日 13:52 ]

ナ・リーグ   ナショナルズ9―1マーリンズ ( 2018年7月27日    マイアミ )

ナショナルズのフアン・ソト外野手 (AP)
Photo By AP

 ナショナルズのフアン・ソト外野手(19)が27日のマーリンズ戦で3試合連続本塁打となる右越え13号ソロを放った。

 ソトは5月にメジャーデビューを果たしたばかりの新人。ここまでハイペースで本塁打を量産しており、球団公式ツイッターによると、10代での13本塁打は、1951年のミッキー・マントルと並んで史上6位の成績とのこと。さらに、ESPNによると、10代での3試合連続本塁打については、1898年のジミー・シェッカード以来、120年ぶりの快挙だという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース