【東東京】関東第一、昨夏と同じ二松学舎に屈す 米沢監督「紙一重の差だった」

[ 2018年7月28日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念東東京大会準決勝   関東第一3―5二松学舎大付 ( 2018年7月27日    神宮 )

<関東第一・二松学舎大付>試合に敗れた関東第一ナイン(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 関東第一は1―8で敗れた昨夏準決勝と同じく二松学舎大付に屈し、米沢貴光監督は「中沢君の一発で空気が変わってしまった。紙一重の差だった」と話した。プロ注目捕手の石橋は無安打。涙を見せながら、進路について「今大会で技術や精神力のなさを痛感した。プロ志望届の提出も含めて監督と相談したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース