阪神ロサリオ あ〜チャンスに弱すぎ 28日にも自力V消滅

[ 2018年7月28日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―8ヤクルト ( 2018年7月27日    神宮 )

<ヤ・神>5回2死一、二塁、ロサリオは三ゴロに倒れ肩を落とす(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 阪神は27日のヤクルト戦に2―8で敗れ、今季ワーストタイの借金7を抱えた。金本知憲監督(50)の就任3年目で初めての夏の長期ロード黒星発進。中盤までに作った再三の好機で5番・ロサリオが3打数無安打など、あと一本が出なかった。

 後手に回った。打線は計10安打を放ち、幾度となく好機を作り出したが拙攻続き。終わってみれば、今季16度目の2桁残塁となる11残塁で、2得点どまり。試合中のベンチ内では幾度となく首をかしげた金本監督も、試合後は努めて冷静に敗戦を振り返った。

 「やっぱり、あと一本やね。ヒットは出ているけど。チャンスでの一本というのが、ちょっと遠いですな」

 1、3、5、6回と打線は計4度、得点圏まで走者を進め、あとは還すだけの状況を作った。だが、得点につながったのは3回無死一、三塁での福留の左前適時打と、なおも無死満塁からのロサリオの遊ゴロ併殺崩れの計2点のみ。勝負所で、ことごとく気合とバットが空回りした。特に3度も好機で打席に立ったロサリオが、3打数無安打とブレーキとなってしまった。

 「それ(右投手の外に逃げる球へ)の意識が、やっぱり強いな。だから真っすぐに差し込まれている。まだ、迷いがあるんかな。まあ、それ(好機での力み)は、みんなあるんじゃないかな、やっぱり。誰だって、チャンスでは打ちたいし」

 指揮官は決して責めはしなかったが、この日の敗因の一つは明らかにR砲の好機での凡退だった。無走者だった7回2死の第4打席で中前打を放ったとはいえ、ベンチと虎党が期待する働きは、そんなものではない。これで得点圏打率・211。年俸3億4000万円助っ人に求められるのは、好機での一打、試合を決める一発だ。当人は「タイミングを取るのが遅いと思ったので、修正していこうと思ったのですが」と言葉を絞り出した。R砲が一番、心を痛めていることは指揮官も痛いほど分かっている。だから責めなかったのだろう。我慢強く、奮起を待つ。

 この日の敗戦で借金は今季ワーストタイの7。広島とは今季最大12ゲーム差に広がり、28日にも自力優勝の可能性が消滅する。このままズルズルと落ちていくわけにはいかない。福留主将は「全員でやっていかないと。そう簡単に物事は変わるわけではないけど」と前を向いた。今こそ一丸で低迷を打開する時だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース