【北大阪】履正社、9回2死からまさかの4連続四球で同点に 勝利目前で力尽きる

[ 2018年7月28日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念北大阪大会準決勝   履正社4―6大阪桐蔭 ( 2018年7月27日    シティ信金 )

<履正社・大阪桐蔭>9回2死満塁、根尾に同点の押し出し四球を与え、呆然とする履正社・浜内(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 履正社は岡田龍生監督が「大ばくち」と表現した奇襲先発の勝負手を打ったが、あと一歩及ばなかった。

 本来は右翼手の浜内が公式戦初登板初先発。位田、清水ら投手陣の不調で大役を担った主将は6回まで無失点と力投した。「9回は2死までいって勝利をつかみたかったのに、最後はああいう形で終わって、申し訳ない気持ちでいっぱいです」。再びマウンドに上がった8回は無死満塁で耐えたが、両足の疲れがピークに達した9回に制球を乱した。4連続四球。左足の踏ん張りが利かず、滑るように崩れるシーンも2度、3度とあった。

 先発は当日早朝に告げられた。投げ始めたのは1カ月前。試合は1年の時に練習試合で投げただけだ。右肩の負傷もあり、高校では外野に専念した。

 「例年に比べて、戦力的に差はあるなと感じていた」と岡田監督。その大阪桐蔭を追い詰めた。「120%の力を出してくれた。ここ数年では一番の連中です」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース