【北神奈川】慶応・生井、東海大相模を撃破「二度とこんなピッチングできないかも」

[ 2018年7月28日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念北神奈川大会準決勝   慶応7―4東海大相模 ( 2018年7月27日    横浜 )

<東海大相模・慶応>会心の投球で決勝進出に導いた慶応・生井(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 9回2死で左手親指付け根がつって降板し、アイシングしてインタビュー室に現れた慶応の生井は「もう二度とこんなピッチングできないかも」と笑った。東海大相模とのセンバツ出場校対決。会心の内容でねじ伏せた。

 昨秋県大会決勝は0―12で完敗。森下に被弾するなど4回2失点を喫した生井は、映像を見返し雪辱を誓ってきた。この日は森下封じが鍵と考え、初回は内角を攻めた。死球で森下は怒りをにじませたが、狙い通り。3回に外角低め直球で見逃し三振を奪い、結局単打1本に抑えた。4失点でも紛れもない好投。今大会、毎試合ごとに森林貴彦監督が決める四字熟語「不撓(ふとう)不屈」の通り、一歩も引かなかった。

 東海大相模と、春季県大会準々決勝で敗れた桐光学園の頭文字はともに「T」。慶応が倒す、との意で「TKO」のチームスローガンを掲げる。決勝は桐光学園が相手だ。前回出場の10年前も記念大会で、生井は「縁起が良い。春夏連続で甲子園に行きたい」と燃えた。 (松井 いつき)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月28日のニュース